トップ

不妊wiki(人工授精) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

日本の場合、人工受精は主に配偶者間人工授精(AIH)を行う。

非配偶者間で行う場合はAIDというが日本ではごく一部の登録医療施設でしか行われていない。オーソドックスなやり方としては数万個の精子を人工的に子宮腔内に注入し、排卵誘発法を併用する。

精子は用手法で採取し精子洗浄濃縮法にて運動精子を抽出してから投与するのが一般的である。

排卵誘発法によって卵巣過剰刺激症候群(OHSS)となるリスクがある。

性接触の嫌悪による不妊の場合、本人達が望む最善の方法とされる。



※卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

排卵誘発法(特にゴナドトロピン療法)によって多数の卵胞が発育、排卵し卵巣腫大、胸腹水の貯留、血液の濃縮が起こる病態である。治療は輸液による血液濃縮の改善と低アルブミン血症の改善のためのアルブミン投与である。乏尿に至り低用量ドパミンが必要となることもある。腫大した卵巣が茎捻転を起こし急性腹症をきたすこともある。最重症型は脳梗塞、急性肝不全、急性腎不全、ARDS、DICに陥り命にかかわることもある。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の場合は特に起こりやすく注意が必要である。


譚先生の妊娠成功法の詳細はこちらをクリック!



メニュー

不妊wiki

サブメニュー

無料メルマガ配信中

私は本気で妊娠したいと思いのあなたのお役に立ちたいと思っております。赤ちゃんを授かるためのいろいろな情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email :