トップ

不妊wiki(診断) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

■性分化異常

不妊症の原因は指摘できないことが多い。

異常が治療可能な場合は原因疾患の治療を行い、異常が認められない場合はタイミング法をまず指導され、半年間試して無効ならば人工授精、ART(体外受精や顕微授精)が考慮される。

不妊症スクリーニング検査

医療介入が必要な不妊症の診断のために不妊症のスクリーニング検査がある。

内分泌排卵因子の検査項目としては基礎体温、ホルモン負荷試験、血中ホルモン測定などがあげられる。

卵管因子としてはクラミジア検査、特に子宮頚管抗原、血中抗体価の他子宮卵管造影が知られている。

子宮因子の検査としては子宮卵管造影の他超音波検査やMRIが知られている。

男性因子の場合はまずは精液検査を行う。これらの異常が見られた場合はさらに精査を進めていく。


譚先生の妊娠成功法の詳細はこちらをクリック!



メニュー

不妊wiki

サブメニュー

無料メルマガ配信中

私は本気で妊娠したいと思いのあなたのお役に立ちたいと思っております。赤ちゃんを授かるためのいろいろな情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email :